不動産の売却なら流れをしっかりと把握して!

不動産の売却までの流れというのは厄介なようにも思いますが、そこまで面倒なものでもありません。
不動産は売却するなら流れをしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

まずは不動産の売却における流れの最初のステップとして売却価格の目安を立てるようにしましょう。
どの程度で売れるかの目安をつけておきます。
目安は、引っ越し料金も含んでおいてほしいところ→ 

次に不動産会社を探しましょう。
住まいを売却する時に重要なのは信頼できる不動産会社を探すことです。

信頼できる不動産会社を探すというのは不動産売却の流れをスムーズにするうえで重要です。
次に物件価格の査定を依頼しましょう。

プロに売却したい不動産を査定してもらい、どのくらいの価値があるのかを判断してもらうようにしましょう。
不動産会社に仲介を依頼したら、いよいよ不動産を売り出します。

売り出し価格は売却において非常に重要になりますので、不動産会社とよく相談をするようにしましょうね。

購入希望者が現れたら、次は売却条件を相談します。
お互いの希望や曲げることができない条件等を十分に理解し合うことがトラブルを防ぐうえで重要です。

お互いの条件とが合致すれば、あとは引き渡しを行いますが、不動産会社がしっかりと仲介してくれますので安心です。
以上が不動産を売却する上での流れになります。

不動産売却までの流れはこれだけなんです。
不動産を誰かに売却するのは流れなども面倒だろう...
そのように思われていた方にとっては意外かもしれませんが、こんなに簡単なんですよ。

赤帽引っ越しの料金

 

 

 

 

新築の地鎮祭のご近所への挨拶は?

 

【質問】
家を新築する時の地鎮祭に、メーカー担当者がご近所に挨拶回りをします。
この時なんですが、わたし達も行った方がよいものでしょうか?
知人は引越の挨拶だけに行った、と言っているのですが。

そして、もし行くとなった場合ですが、
向かいに、1棟2家族入って行るタイプが全部で6つあります。
通り道でもあるし、何かと迷惑をかけてしまいそうなのですが、
12家族すべてに行った方がいいと思われますか?
どうぞ宜しくお願いします。

【回答1】
迷っているならば挨拶に行くとよいですよ。
12の家庭も迷うのでしたら行きましょう。
挨拶されて気分が悪くなることはありません。

【回答2】
家を建てるとなると、騒音だったり日照の問題だったりと、多少なりとも迷惑をかけてしまうものです。
挨拶に行けば、そういうことに気を使ってくれる方なのだなぁと思ってくれるでしょう。

住み続けることを考えれば、困った時には助け合うこともあるでしょうから、良い関係を築くのも大切ではないかと思いますよ。

また、そのような挨拶にこだわる方もいますしね。

引越し費用比較

このページの先頭へ