消費者金融の歴史

消費者金融とはどんなイメージですか?

消費者金融とは

最近ではほとんどの消費者金融が銀行とも提携していることや、CM効果もあり他の金融機関との線引きが無くなり、借りやすい環境になりましたね。

ここでは、元・消費者金融社員である私が、消費者金融の成り立ちや黒歴史をまとめてみました。

現在では、ほとんどの消費者金融が利息制限法の適用により、貸付け金利の上限を設定してますが、昔の貸金業者は「出資法」と言う法律に基づいた高金利で貸付けを行っていました。

ちなみに、

・「利息制限法」18%(元本10万円~100万円)

・「出資法」現在では法改正により20%

となりましたが、その昔歴史を振り返れば、1983年は70%、1991年は40%、2000年に29.2%と徐々に下がっては来たものの、素晴らしく高金利であり高利貸しと言われた由縁である。金利のグレーゾーンである。

現在大手と呼ばれる消費者金融も、ルーツをたどれば元々は小さな街金から始まったところも多く、1980年代は高金利なおまけに取り立てが厳しく、やってる事はヤミ金とほとんど変わらない。よくテレビドラマでも見るような、支払わない債務者の家の中にズカズカ押し入り、テレビ持って行っちゃったり職場へ押しかけたりと、暴力団顔負けのミナミの帝王の世界が存在していました。

これが「サラ金地獄」と社会問題ともなり、今後の貸金業者の規制へとつながっていきます。

私がこの業界に入ったのは1995年からなので、すでに時代は変わっていて、このような経験はした事はありません(笑)。

でも当時、会社の上役連中はこの黒歴史を作り、会社を大きくしてきた功労者達なので、新入社員は学卒の僕ちゃんなのに上司はチンピラ風と言う、ちょっとチグハグな雰囲気の社内でした。当時の上司はみんな、ティノラスのスーツ着てこれぞmen’s金融屋って感じでカッコ良かったですね。

消費者金融は金利が高いのにどうして借りちゃうの?

なぜ90年代に入りバブルも崩壊すると、この業界は「サラ金」から「消費者金融」へと大きな飛躍をとげます。

世の中の仕組みは単純で、不景気になることによりお金が必要とされる機会が増えてくるのかもしれませんね。

当時は総量規制など無く、年収に対しての借入額などの上限などはありませんでした。各社独自の審査基準をクリアすればオッケーである。そして、何と言っても銀行に比べ、消費者金融の審査の通りやすさとスピード融資は債務者を魅了しました。

消費者金融を利用する人は全ての人に当てはまるわけではありませんが、お金に対して計画性の無い人が多く、計画性の無い人だけにお金が急に必要となるケースが多いという背景があります。そこへ来て、銀行に行って審査書類を書かされて数週間待たされたあげく「審査に落ちました」では目も当てられません。金利が低いのは有難いですが、それ以外の部分では銀行は必ずしも債務者にとって利用しやすい機関ではないのです。

ここで消費者金融の登場です。

お金が必要な人の中には、今日の晩飯代を必要としてる人もいます。今日中に支払わなくてはならない請求書があります。店頭に免許証を持って行けば、申込みをして1時間以内に現金を手にすることが出来る。確かにその分金利は高いですが、実際、消費者金融の貸付に助けられたという人も多いはずです。金利の高い低いよりも、今すぐ貸りられるかの方が重要な人たちがいるのです。

バブル崩壊と言う時代背景に消費者金融のニーズは拡大し、各社とも知名度も上がり業界も「貸して、貸して貸しまくれ!」の勢いで“消費者金融バブル”が始まったのです。

消費者金融は他社借入「総額」と「件数」どっちを見てる?

どっち

どんなにスピード融資のユルユル審査とはいえ、必ず会社基準の審査を通過しないと融資してもらえませんね。

店頭には基本、女性のスタッフが申込みの受け付けをしており、店内は穏やかなクラッシックミュージックが流れ、お客様に安心感を持ってもらいます。お客様の中には、

「こういうお店、正直ちょっと怖かったけどイメージと違うなぁ」

とそのギャップにリラックスして、女性スタッフと談笑モードになります。

そう。延滞した時の為に、お客様にはリラックスしてもらいなるべく多くの事をヒアリングし記録に残しておかなくてはなりません。

借入申込書に記入して頂く事はもちろんの事、記入事項にない聞き取りが後々役に立つことが多いのです。

勤務先や住所などの申告は当然の事で、出来れば実家の住所や連絡先なども聞き取り出来るならそれに越したことはない。ちなみにお客様が来店前に心配していた取立て軍団は、その階にはいませんが、上のフロアでお客様のイメージしていた通りの雰囲気で電話督促をしている最中なのです。

前回お話しした通り、90年代は名だたる消費者金融が群雄割拠し始めた頃で、他社が貸せる枠が無くなるくらい貸付けをしてしまえと、競争が繰り広げられました。

現在でも残っている有名な消費者金融は、比較的当時から業界の中では貸付け基準は厳しめでしたが、私が働いていた業界5位以下くらいに位置するちょっと2流の消費者金融は、これ以上は大手で借りれなくなった(すでに3、4件はつまんでいる)お客様が中心でした。

消費者金融の審査で一番重要視されるのは、信用情報で個人の他社借入「総額」ではなく他社借入「件数」であります。

大手が他社借入4件が上限でも、2軍クラスの消費者金融では他社借入7件までオッケーです。だから大手で打ち止め食らったお客様は、こぞっておしよせます。そして貸付け枠ギリギリまで借りてもらうわけです。

まれに、一発目にうちに借りに来る人もいましたが、それは単純に間違っちゃったか、よっぽどマニアックな債務者でありました(笑)。

借金する人の特徴~そのお金、何に使うの?

誰にも知られず、こっそりとお金を借りれるということはとても便利なものです。

借金を一度もしたことのない人は、借金を汚らわしいものと考えてます。しかし借金に慣れ過ぎてしまった人は、自分のお金も借りているお金をも区別がつかなくなるようです。

借金する人の特徴はどのようなものなのでしょうか?
そしてその借りたお金は、いったい何に使うのでしょうか?

お金はどこへ

90年代はパチンコブームでもありました。この頃のCR機は爆発すれば大きな儲け、負ける時はあっという間に2、3万なくなります。朝から毎日パチンコ屋に並ぶ人は高確率でお客様=借金する人です(笑)。普通に考えて、お給料だけであれだけ遊べるはずがありません。主婦もパチンコにハマり、旦那に内緒で借金する人も増えてきました。

そして借金する人に共通してるのは、不思議とカードから借りるのにみんな、

「カードからおろしてくる」

と言いますね。カードからおろすというのは自分のお金。あなたは借りてるんですよと、目を覚まして欲しいものです。

又、衣服や車など借金する人は借金しない人より間違いなく生活レベルは高いです。欲しいものは我慢しないんですね。

借金する人の借入れの目的として、最初は遊興費や生活費がほとんどですが、その延長線上には最後「他社に返済するために借りる」という自転車操業が待っています。こうなったら最後、借りては返す、借りては返すのスパイラルに陥ります。

冒頭お話しした「誰にも知られずこっそり借りられる」というのは、あくまでも正常に支払いを続けている時の話しです。支払い日を一日でも遅れる事があろうなら容赦無く、借金する人の自宅・勤務先へと督促の電話がなりまくることになります。

消費者金融の名前を出さず、個人名での電話ではありますが、やはり明らかに督促の電話というのは怪しさ満点で、敏感な人にはすぐにバレます。家族にならまだしも、勤務先ではそう言う噂だけで命取りです。何件も立て続けに個人名で会社に電話が行く人は、会社から怪しまれて、

「○○さんいますか?」

と聞くと会社の人間が本人になりすまし、

「私が○○ですがなんでしょう?」

などと言われてしまうことも多々ありました。

借金する人は借り始めたら最後、自転車はこぎ続けなくてはならないのです――。

「信用情報機関」に時効はあるのか?

消費者金融をはじめ、貸付の審査を進める上でとても重要な役割を担っているのが「信用情報機関」です。
お金を借りたことのある人ならきいたことはあると思いますが、いわゆる「ブラックリストに載るよ」というやつです。

「信用情報機関」とは、申込者の氏名・生年月日などを端末に入力することで、本人の現在の借入状況や延滞の有無・弁護士介入や破産してるかどうかを照会出来るシステムです。この情報を元に、会社の審査基準と総合的に判断し、貸付け出来るかどうかや限度額を確定させます。

「信用情報機関」はもちろん照会するだけではなく、既契約者が債務整理で弁護士が入ると会社に通知が来る為、信用情報センターに「事故情報」として登録することとなり、このお客様に対しての督促はストップとなります。このような「事故情報」が一般的にはいわゆる「ブラックリスト」と言われているのでしょう。

時効

しかし、中にはたちの悪い債務者もいます。確信犯的に破産宣告の準備を進めておきながら、その直前に借りまくり豪遊してから破産宣告する輩もいたのです。

信用情報機関の話に戻りますが、信用情報機関にも種類があり、銀行が使うところと消費者金融が利用するところは違います。現在は銀行も消費者金融の利用状況を調査しています。

我々消費者金融側はLE(レンダース・エクスチェンジ)やCICという信用情報を取得して審査にあたりました。前者は消費者金融系の会社が加盟しているところで、後者は主に信販系や割賦販売の会社が加盟している機関であります。

端末入力にあたって注意しなくてはならないのが、旧姓での検索や同姓同名の確認です。意外と要注意なのは、全く他の借入もヒットせず綺麗過ぎる信用情報。

あるお客様の審査。信用情報も綺麗で問題が無かったので満額の50万円の決裁を下ろし、カードを渡す直前の時です。お客様からとても素敵な一言。

「いや~ドキドキしちゃったよ。オイラ昔、破産したことあるからさ~。貸してもらえないかと思ったよ。人生って分からないもんだよな、母ちゃん」。

・・・最悪な事態発生です。
破産にしても弁護士介入にしても時効があり、10年以上経つと信用情報機関から消されてしまうのです。破産してるのだから長い間他から借入出来るはずもなく、信用情報が綺麗なのは当たり前。もちろん聞いてしまった以上は却下である。というよりその場で言わないで欲しかった・・・。

消費者金融の延滞予備軍…あなたの奥さんも借りてるかも?

借りたお金はもちろん返さなくてはいけませんね。それは消費者金融だろうと、親しい友人だろうと変わりありません。

現在では取立て行為の規制が厳しくなっている為、昔の様な督促は出来ず、延滞している人に対してでも、貸してる方が小さくなって返済をお願いする感じにはなってるみたいですが・・・。

当然、私が消費者金融に在籍中の頃は、延滞してしまうと手のひらを返したように厳しい追い込みをかける業者も少なくありませんでした。

一ヶ月以内の延滞であれば、基本電話による督促である。電話と言っても決して甘いものではありません。督促はもちろん消費者金融の男性社員の仕事で、朝から晩までつながるまで自宅や職場に電話をしまくる。パソコンには延滞期間別の顧客リストがあり、話しをした内容や、次回期日を入力する。一ヶ月以上延滞させないのが、とにかく重要。二ヶ月目の延滞に入ってしまう者は高確率で深い延滞に陥る傾向にあるからである。

奥さん

二ヶ月目の延滞に入ってしまうと、引き続き電話ではあるが債務者に対しての言葉使いが荒くなる。お客様なのに
「お前どうするつもりだよ。誰かに借りて金策しろ!」

「ふざけんじやねーよ!」

「バカヤロー!」

「約束を破ったら何て言うんだぁ?まずはごめんなさいだろうよ」

などと20代の若僧が、債務者ではありますが、一回りも上の人間に言うには度が過ぎる話でありました。

消費者金融の延滞顧客のリストにはもちろん勤務先や収入、他社借入状況なども一目瞭然で非常に興味深いものでもありました。

上場企業に勤める人、年収一千万近くあるのに借金で首の回らない人。なぜ? 不思議でしたね。

一番具合の悪いのは、そのリストの中に近所の人や同級生、知り合いの奥さんを発見してしまう時です(苦笑)。。もちろん気まずいので他の人に担当してもらいます。みんな秘密の借入れなんでしょうね…。口が裂けても言えない情報です。

消費者金融の取り立て~長期延滞顧客への対応とは?

取り立てへの対応消費者金融の延滞顧客の中でも、バッくれ三ヶ月も決め込めば音信不通。電話も出なくなります。
そうなったらお家に訪問するしかありません。集金に行きます。「取り立て」です。

取り立ての第一段階。自宅に着いたらまずはポストチェックです。たいがい他社からの請求書がゴッソリ入っています。電気メーターはグルグル回っているのに、ほとんどの方がカーテンを閉めてひっそりと居留守攻撃。それでもいいのです。取り立てに来られるという恐怖心さえ植え付けて来る事が出来れば…。

たちが悪いのは開き直る人達です。玄関から出てくるなり両手を広げ、

「ないんだよ!(金が)」

とか、居間で寝たフリ攻撃の人。一番怖かったのは50代くらいの歯抜けのおばさんが、

「あんた私としたいんでしよぉ~。いい事してあげるから今月勘弁して」

と誘惑された事・・・。

消費者金融の長期延滞顧客の自宅は、不思議と家の中が汚いゴミ屋敷が多いのも特徴です。

こうして、不良債権化して行く客はどんどん増えていきますので、こちらも対策を考えなくてはいけません。

取り立てたところで埒のあかないこのような顧客は支店で「示談契約」に切り替えます。これは、とりあえず利息だけ入金してもらい毎月の支払額を下げ、契約を結び直します。これにより一旦延滞から外れ正常な状態に戻します。苦肉の策ではありますが、後々弁護士に入られるよりはましなのです。

どこの消費者金融も督促や集金、取り立ては蛇のようにしつこく、当時、時には脅迫まがいの取立てを行っていました。「お地蔵さん」のコミカルなCMで有名であった某消費者金融などは業界の中でも厳しい取立てで有名で、週刊誌で「暴れ地蔵」などと取り上げられた事もありました。懐かしい時代です。

「無人契約機」は便利。でも決してあなたは一人ではありません。

2000年代前後からは、消費者金融各社から「無人契約機」の設置が拡大していきました。

消費者金融の認知度が上がってきたとはいえ、やはり借りるのがバレるのは恥ずかしい。消費者金融というのはほとんどが、消費者金融ばっかり入っているビルが多く、ビルの入り口に入る時には誰か知り合いに見られて無いかキョロキョロしながらスッと忍者のように入ってくるものであります。

そこで登場したのが「無人契約機」であります。各社名称はいろいろあり、「無人くん」「一人でできたくん」「ロボタッチ」・・・などなど。債務者心理を気遣い、とにかく誰とも顔を合わせる事なく話す事も無くこっそりとカードが作れてしまう事が売りなのでありました。

ATM

ところがこの無人契約機、決して本当に一人ぼっちではないのです。常に中の様子はカメラから監視されており、音声でのやり取りも行うことも多いのです。無人契約機の取り扱いに困惑しているお客様にはもちろん音声でお手伝いもします。

あるお客様が、無人契約機の扱いがうまくいかず身分証のスキャンが出来ない様子でした。親切心にこちらから無人契約機のインターホンを「ビィィー」と鳴らすとお客様は「ぎゃー」と悲鳴に近い声をあげながら、ビックリして椅子から転げ落ちたのです。インターホンで説明を始めようとすると、

「無人じゃないじゃないか!」

と怒り始めてしまいました。ちょっと変わった人だったのかもしれません。私はマズイ!と思い、客を逃がすまいと声の可愛い若い女子社員に変わってもらいその女子社員に、とにかく上手い事言ってお客様をつなぎとめろと指示しました。ところがその女子社員も突然の事態にどうする事も出来ず、お客様は逃げるように帰ってしまいました。

無人契約機には女子社員の、

「お客様~!お客様~!」

というかん高い声だけが響き渡るという、まるで漫画かコントのような間抜けな光景が取り残されていました。

ローン一本化の甘い誘惑

消費者金融で5件以上借りてしまっているお客様は毎月の返済が利息だけでも相当な金額になり、借りては返し借りては返しの繰り返しになり、全く減っていく事はありません。

このような状態下で債務者がまず考えるのが、ローンの一本化。おまとめローンというやつですね。一本化と言っても簡単にはいきません。消費者金融の多重債務を銀行でまとめようとしても、かなりハードルは高く現実的には難しいです。ローンの一本化を請け負う側からしてもリスクが大きいので、無担保というわけにはいきません。

散々無担保で貸し付けして、どうにもならなくなったお客様には「不動産担保ローン」に切り替えます。最初の申込み時に持家登録があるお客様をリストアップし、件数の多くなってきたところでおまとめローンの営業をかけるのです。とはいえ、やはり自宅を担保に入れるというのは抵抗があるもので、どんなに支払いが厳しくてもなかなか簡単には商談はまとまりません。しかし債務の多いお客様には債権保全の為にも担保ローンに切り替えてもらった方がこちらとしても良いのです。

こうなったら心理戦です。多重債務の延滞客にはまず取立ての厳しい部署から督促をし、恐怖心を植え付けます。お先真っ暗、散々気持ちを沈めた後に今度はおまとめローンの部署が電話をする。それも、優しい優しい口調で。まとめることで毎月の支払いがどれだけ軽減されるかを理解してもらい、

「持家の人しかまとめることはできない。他の人に比べたらあなたは恵まれている・・・こちらも自宅が欲しくて担保を付けてもらうわけではない。そんな事は手続きも面倒だしお金もかかる・・・他のお客様はみんな担保ローンに切り替えてますよ」

などと言葉巧みに担保ローンに移行させます。

担保ローンの利息は、無担保で29.2%に対し15%くらい。それでも高いですけどね(笑)。それでも毎月の支払いは一気に下がり、一時的には楽になります。ん?一時的って?

もちろん一本化した後はそのお客様の件数が減るわけですから、こちらも懲りずに増額をもちかけます。でもほとんどのお客様は断りませんね。断るどころかみな喜んで増額しちゃいます。

甘い誘惑

過払い請求~世の中は弱者が守られるようにできてます。

サラ金バブルも終焉を迎えました。現在はお金を貸す側より借りる側の方が強い世の中です。そうなると逆に借金することが恐くなくなり、平気で借金作っちゃう人が増えてしまいそうです。

そんな中でも、消費者金融業界はキッチリ回収をしながらも、貸付残高も増やし続けなければ生き残ることはできません。高金利で無理な貸付を行い、貸し倒れが増加すればいつかはそのしわ寄せが来る事となります。

過払い金

さらに利用者もだんだんと利口になります。取立て行為の規制も徐々に厳しくなりお客様から財務局に暴言をはかれたとクレームを入れれば一発で営業停止処分。弁護士介入の件数も倍になり、サラ金専門のサラ金弁護士も多くなりました。

ただの債務整理ならまだマシで、最終的には債務者と弁護士で、

「払いすぎた利息を取り戻すゾー!」

と、過払い請求を起こすのです。

一昔前は、裁判所に行くというのは債務者に対する支払い督促の原告であったのに、後半は逆転し過払い請求で被告として呼ばれることになります。

消費者金融業界が衰退の道を歩み始めるとあっという間で、店舗は統廃合を繰り返し無人機を残して有人店は続々と閉店。最終的には大手数社しか残りませんでしたね。中には現在破産申し立て中の消費者金融すらあります。

ただ、この業界で仕事をしていた私から言わせれば、少なからず消費者金融に助けられた人もいるわけで、高金利であろうと本人が納得し契約してお金を借りたことであろうと思います。

要は、利用の仕方にあるのではないか。

今後も消費者金融業界が大きく復活をすることはないでしようが、お金で動いている世の中があるかぎり、お金で利益を得る企業が無くなることは無いでしょう。

お金を追うものは、お金に追われ続けます。

ご利用は計画的に・・・